日本数理生物学会が授与する賞には、大久保賞(Akira Okubo Prize)、研究奨励賞、大会ポスター賞の3賞があります。大久保賞はSociety for Mathematical Biology (SMB)と共同で授与します。

Rules of Akira Okubo Prize

大久保賞(Akira Okubo Prize)

2022 Akira-Okubo Prizeの受賞者が決定2022年9月

下記1名の方が2023年度研究奨励賞授賞者として決定されましたので、ご報告いたします。

  • Ivana Bosicz 氏(University of Washington)
  • 日本数理生物学会(JSMB)は, Society for Mathematical Biology (SMB)と共同して, 2年に1度数理生物学の発展に貢献した研究者に大久保賞を授与しています。大久保賞は「若手」研究者と「年長」研究者に交互に授与されています。

    大久保賞の過去の受賞者

    日本数理生物学会研究奨励賞

    日本数理生物学会(JSMB) は,数理生物学に貢献をしている本学会の若手会員の優れた研究に対して,研究奨励賞を授与しております.

    News

    第17回(2022年度)研究奨励賞の受賞者が決定2022年9月27日

    下記2名の方が2022年度研究奨励賞授賞者として決定されましたので、ご報告いたします。

    受賞者

    2名の方には、2022年度日本数理生物学会年会にて受賞講演を行っていただきました。


    研究奨励賞の過去の受賞者(授賞理由は受賞者名後のニュースレターに掲載しております。)

    大会ポスター賞

    日本数理生物学会年次大会において,優れたポスター発表をした研究者に対して,ポスター賞を授与しております.

    2020年の日本数理生物学会名古屋大会において,次の3件の発表が優秀であると評価され,報告者(所属に*がついている方)がポスター賞を受賞しました。

    ・熊田隆一(*東大)・佐藤正都(総研大)・佐々木顕(総研大)  「新型コロナウイルスの潜伏期間の進化」

    ・堀口修平(*東大)・小林徹也(東大)  「免疫系における胸腺の強化学習の観点からの機能的意義」

    ・浅倉祥文(*京大)・本田直樹(京大・自然科学研究機構生命創生探求セ)  「動物初期発生におけるクロマチン動態」

    © Copyright 2007-2017 by JSMB.